営業の仕事をするなら名刺は必須のアイテムです。相手にできる人間だと覚えてもらうには絶好のもので、使いこなしができていれば、一人前だと認められるようになります。名刺の使いこなし方には相手に渡す場合と、他に何を活用しているかなどの要素が絡んできます。単純に持っていれば良いというものではありません。上手く使いこなせなければ、ただの紙切れの束を持っているだけに過ぎません。渡し方によっても相手が抱く印象が変わってきますので、マナーは徹底的に頭に叩き込んでおきたいところです。今では名刺印刷も随分と安価に提供されており、個人でも気軽にたくさん高品質な名刺を作れる環境が整っています。企業の会社員としてだけでなく、個人事業主やプライベートな活動においても、有効活用したいところです。

交換の仕方だけでなくケース選びも大切

名刺自体に関心が向きがちですが、忘れてはならないのが名刺を入れるケースの存在です。立派なものを持っていたとしても、ケースの見栄えが悪ければ、相手が受ける印象に悪影響を及ぼす恐れがあります。スタイリッシュに使いこなすために、ケース選びにも慎重になりましょう。選ばないようにしたいのが、パステル調の派手目なケースです。堅実性を失わせる要因になります。ビニール製などの、いかにも安物なケースは避けましょう。ブランドロゴが目立つ高級品はあまり印象が良くないという意外な傾向があります。名刺交換は自分をアピールするものですが、主張が強すぎると相手に良く見られないことを覚えておきましょう。渡す相手が自社の商品を購入してくれる人など、目上の立場であれば、先に自分から差し出すのが基本のマナーです。

持っているのに使いこなせていない人の特徴

ケースの選び方、交換の仕方などの要素だけを覚えても、そもそも名刺交換に至らない状態ばかりになれば、それらの知識は何も役に立ちません。とある調査によると、スマートフォンを活用していない人ほど、名刺交換の枚数が少ないという結果が出ています。美しく印刷された、たくさんの高品質な名刺を所持しているにも関わらず、あまり相手に渡せていないならスマートフォンの使いこなしについても覚えておきましょう。スマートフォンを持っていれば、移動中でも気軽にメールを確認でき、スムーズに仕事をこなせます。ニュースを確認することで、相手先企業の状態をすぐに察知することができます。受け取った名刺情報をスマートフォンにデータとして取り込めば、管理が容易になります。名刺を使いこなしたいなら、他の便利なツールと連動することで、効果を高めることができます。